シロアリの羽アリの見分け方。羽アリ大量発生!これってシロアリ?

暖かくなってきてゴールデンウィークまであと少しこの時期の雨が降った後の湿度が高くジメっと晴れた日に大量発生するのがヤマトシロアリの羽アリ(ハネアリ)です。

羽アリは羽アリでシロアリではないでしょ?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

羽アリは大きく分けて2種類、クロアリの羽アリなのか?シロアリの羽アリなのか?をまずは判別しましょう。

羽アリって?

主に4月から10月にアリが新しい巣を作ろうと羽を生やし女王アリと王アリとして巣から群飛します。
羽の生えたアリが羽アリです。

厳密に言うとシロアリはアリではなくゴキブリの仲間です。(ゴキブリ目シロアリ科)
シロアリはクロアリと同じように社会性を有しているため『アリ』と言われています。

シロアリの羽アリとクロアリとの見分け方

画像参照:日本しろあり対策協会

シロアリ クロアリ
① 触角 数珠状 『く』の字型
② 翅(ハネ) 4枚の羽がほぼ同じ大きさ 前羽が多きく後羽が小さい
③ 胴体 くびれがなく寸胴 腹部がくびれている

この特徴の違いで見分けることができます。

シロアリの種類の見分け方 シロアリ4種類

また、シロアリの羽アリは群飛する時期、時間帯で見分けることができます。

ヤマトシロアリ

時期:4下旬~5月(沖縄は2月頃、東北・北海道6月頃)   時間帯:昼間です。

イエシロアリ

時期:6~7月   時間帯:夜間に群飛して電灯に飛来します。

アメリカカンザイシロアリ

時期:6~9月   時間帯:昼間に数回ずつ何度も群飛します。

ダイコクシロアリ

時期:5~8月   時間帯:夜間に少数ずつ群飛して電灯に集まってきます。

羽アリ発生時の対処とその後の対応

突然のシロアリの羽アリ大発生、そんな時は掃除機で吸ってしまうのが一番です。

また殺虫スプレーでも羽アリは十分駆除できます。
しかし、シロアリの働きアリ達は依然木材や地中に生息していますので羽アリが出なくなったからといってシロアリがいなっくなったということではありませんので発生した場合は専門の業者にみてもらい処置してもらうことをおすすめします。

名古屋のシロアリ駆除はダスキン千成通ターミニックスにお任せください。